サイエンス教室レポート

教室レポート(2011.8.28午後)

01

●<自転車の不思議実験レポート>

前輪のキャスター角について説明する荻野先生。
昔の自転車は、ハンドルの軸が垂直でしたが、現在の自転車はハンドルの軸が少し手前にずれています。この効果で、自転車の安定性が増します。






01

●<環境実験レポート>

自動車の排気ガスの中には、窒素酸化物(Nox)、硫黄酸化物(Sox)が含まれています。これらは、酸性雨の原因となります。午前中の実験同様、人間の呼気、室内の空気、自動車の排気ガスの3種類をそれぞれ密閉袋に取り込み、その中にザルツマン試薬を入れ袋を振りました。実験結果は、人間の呼気、室内の空気には反応せず、排気ガスだけ赤色に変化しました。 この実験をとおして、近場への移動手段はなるべく自転車を利用し、地球環境への配慮を促しました。また、健康にも良いことを伝えました。


01

●<自転車の歴史・技術講義レポート>

科学技術館の2階「自転車広場」展示室にて、谷田貝先生による自転車の歴史や技術の講義です。
自転車は約3,000個のパーツより出来ていることに、皆ビックリ! また、自転車のパーツは全世界共通の基準で作られているため、どの国のパーツを輸入しても組み立てることが出来ることに皆感心していました。



01

●<オリジナル自転車デザイン作成レポート>

転写紙をアイロンでTシャツに貼り付けている上杉先生。
オリジナル自転車デザインのTシャツプレゼントは、大好評です。





当日の動画

当日の実験・講義の様子は、こちらをご覧ください。