サイエンス教室レポート

教室レポート(2011.11.27午前)

01

●<自転車の不思議実験レポート>
 ハンドルの秘密についての実験です。
 昔の自転車のハンドルは前輪の真上にあって、フロントフォーク(ハンドルと前輪の中心をつなぐ部品)は垂直に付いていました。それに対し、現在の自転車のハンドル位置は垂直ではなく、斜めになっています。たったそれだけの違いですが、この違いが自転車の安定走行に大きく影響するのです。
 詳細は、本Webサイトで「自転車の科学技術」を紹介しているページ(http://www.cycle-science.jp/tech/tech_01.html)を参照してください。

01

●<環境実験レポート>
 自転車は二酸化炭素および大気汚染物質を排出しない環境に優しい乗り物です。また、ガソリン代もかからないため、経済的な乗り物と言えます。さらに、健康増進にもつながります。
自動車の排気ガスの中に含まれている窒素酸化物(Nox)、硫黄酸化物(Sox)は、大気汚染の原因となります。実験では、ザルツマン試薬を使い、自動車の排気ガスに窒素酸化物(Nox)が含まれているかを調べました。


01

●<自転車の歴史・技術講義レポート>
 昔の自転車の素材は、木や鉄でした。現在では、より軽くて丈夫な素材が開発されています。 アルミ、ステンレス、チタン、カーボンなどです。アルミのフレームは約15,000円位なのに対し、カーボンのフレームは約30万円と聞いて、参加者は「えーっ、高い!」という声をあげていました。





01

●<オリジナル自転車デザイン作成レポート>
 お待ちかねのTシャツプレゼントコーナー。
 専用のパソコンソフトを使って、オリジナルの自転車をデザインします。デザインが完成したら、転写紙に出力し、アイロンでTシャツに貼り付けてプレゼント!参加記念品として、皆さんに大変喜ばれました。





当日の動画

当日の実験・講義の様子は、こちらをご覧ください。